2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(  ω ) Channelers のようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:13:12.91 ID:zn5Xq6L30
 
 井戸中サダコは、おのれの中の “ もう一人 ” に抗っていた。


川::д川 (……少し、黙っていて)


 彼女はドクミの想像通り、チャネラーとなってさほど長いわけではない。
 とはいっても、ブーンが “ 別人格 ” に目覚めたのと同じ頃であったので、
 日が浅いというほどでもない。

 彼女には、ギコやしぃ・流石のような理解者が周りにいなかったため、
 自己の状態を把握し、情報を集めるのに、時間を要したのだ。


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:17:19.27 ID:zn5Xq6L30
 
ヽiリli;д;ノi 「ひっく、ひぐ……」


 サダコには懸念があった。
 独自に調べた内容だと、超能力者 ・ チャネラー達は、
 熟練すれば、本人の意思で人格切り替えが可能なはずである。

 だが、サダコの中の “ 別人格 ” については、少々事情が違っていた。
 彼は恐ろしい。
 サダコの意志とは関係なく、時おりノイズのように割り込んでくる。


“ コ ロ セ ”


 別人格が言った。
 彼の能力によって、憎き目の前の少女──、
 岡戸スパムは、旧校舎から逃げられなくなった。

 『 コトダマ 』 という俗称で呼ばれるそれは、
 暗示を刷り込むことで、命令内容を強制的に行使する超能力。


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:19:24.28 ID:nLOc4Dkt0
sien

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:19:41.40 ID:zn5Xq6L30
 
 サダコの感染能力は、いわばヒュプノシスの一種である。
 対して、別人格の能力は、
 対象者をいわゆる催眠状態(意識狭窄状態)に誘導することなく、その行動を縛る。

 行動の制限という目的に特化した、限定的な 『 コトダマ 』 。
 潜在意識に組み込まれた暗示プログラムは、彼女の 『 合図 』によって発動する。


 それは、束縛の超能力。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:19:48.22 ID:uNZ3gdLRO
おお早いな支援

6 :>4訂正:2010/12/26(日) 22:21:17.78 ID:zn5Xq6L30
 
 サダコの感染能力は、いわばヒュプノシスの一種である。
 対して、別人格の能力は、
 対象者をいわゆる催眠状態(意識狭窄状態)に誘導することなく、その行動を縛る。

 行動の制限という目的に特化した、限定的な 『 コトダマ 』 。
 潜在意識に組み込まれた暗示プログラムは、彼の 『 合図 』によって発動する。


 それは、束縛の超能力。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:22:40.39 ID:zn5Xq6L30
 
川::д川 (どうするかは……わたしが、決める)


 オカ研の発行する会報、その製作担当という立場を使って、
 有りもしなかった七不思議のひとつをでっち上げたのも。

 記事担当者、それから他のオカ研部員を “ 感染能力 ” で一時的に操り、
 巧みな情報操作によって、
 旧校舎の噂話を、少しづつ浸透させていったのも。

 全ては、今日のため。
 その能力を発動するためには、
 繰り返し暗示をかける必要があったのだ。

 かくして。
 “ 旧校舎で騒ぎを起こす ” というフラグ成立とともに、
 “ 校舎を出ることができない ” 呪縛は、スパムの体を蝕んだ。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:24:08.73 ID:4GPx9Cic0
wktkしえ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:25:02.14 ID:uNZ3gdLRO
しえしえ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:25:04.07 ID:zn5Xq6L30
 
川::д川 (だから、少し黙っていて……『 ミルナ 』 )


 サダコは思索をめぐらせる。

 内田とやらを職員室に引きずり込んだのは、おそらく “ 感染者 ” ではない。
 これ以上の邪魔が入らないよう、彼女たちのもとに
 “ 感染者 ” を向かわせたいところだが……あまり人員は割けない。

 目の前にいるスパムには、依然 “ 呪縛 ” が掛けられている。
 それは校舎から逃がさないための保険であったが、
 鬼ごっこの終了とともに、ちょっとした足かせへ転じていた。

 別人格の能力の対象者は、常に一人。
 だがその一人は、
 サダコの持つもう一つの能力、精神汚染に “ 感染 ” しないのだ。


ヽiリli;д;ノi 「ひぐっ……サダちゃん、おねがい……」


 感染能力で足止めできない以上、
 スパムが逃げようとした場合、力づくでそれを阻む必要が出てくる。


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:25:28.15 ID:+Us+AGpLO
最近よく来るね、支援

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:25:45.26 ID:VN1JwtMQ0
少しずつ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:27:07.14 ID:zn5Xq6L30
 
 彼女を取り囲む “ 感染者 ” 二人は、写真部から引っ張ってきた者たちだ。
 男子生徒は、写真部に似つかわしくない、屈強そうな大男。
 もう一人は普通の女子生徒だが、伸縮性のミニ三脚という凶器を握り締めている。

 彼ら二人が牽制になっている間は、めったな動きはできないだろうが──。


川д川 「……」


 職員室からバタバタと物音がする。
 最大の目的は、もはや達せられる寸前なのだ。
 邪魔はさせない。

 復讐のために、今日までずっと耐えてきた。
 にっくき彼女は、目の前にいる。
 でも。


“ コロ シ テヤル ”


 わたしは今、スパムを────どうしたい。
 どうするべきなのだ?


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:28:02.18 ID:uNZ3gdLRO
ふむ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:29:15.41 ID:zn5Xq6L30
 
川д゚川 「!」


 そこまで考えたところで。
 飛び出す影を視界の隅に捉え、サダコは側方へと振り返った。


『 井戸中さん! 』


 廊下の中央には、
 憎むべき仇敵の一人である、オカ研副部長の男子生徒、山田。
 それから。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:31:28.33 ID:zn5Xq6L30
 
『 ──キミの周りにいるのは、オカ研ではなく、写真部の部員たちだろう?
 キミが、自身の革命に、関係の無い他人を巻き込むというのなら。
 復讐のために、何を犠牲にしても、虐げてもいいと思っているのなら 』


 おそらくは、最大の障害となるであろう、

   ,_
从 ロ リル 「僕は、自分の助けたいもののために、キミのチカラに抗うだけだっ!」


 もう一人の、超能力者(チャネラー)がいた。


川#゚д川 「……!!」


 ──あんたなんかに、何がわかる。
 ──わたしの苦しみが。
 ──悲しみが。

 ──邪魔は、させない。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:33:23.69 ID:zn5Xq6L30
 



                    http://boonsoldier.web.fc2.com/channel.htm
           http://localboon.web.fc2.com/100/top.html

                         纏

              http://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-497.html
    http://boonfestival.web.fc2.com/channelers/list.html





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:35:34.69 ID:zn5Xq6L30
 
 〜 〜 〜


【 2F 職員室前 ・ 廊下 】


川д#川 「五月蝿い! うるさいうるさい五月蝿い!
       ……“ 動けなく ” してやるっ!
      わたしの、チカラで!」


 めいっぱい叫んだ、直後。
 サダコは僕の意志をかき消すが如く、半狂乱で喚き散らした。


从゚、゚;リル 「!」


 そして。
 その剣幕に合わせたかのように、“ 感染者 ” の男子生徒
 ──ひとまず感染者Cと名付ける──が、頭を抱えた姿勢で突進してきた。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:36:00.81 ID:uNZ3gdLRO
支援です

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:38:03.60 ID:zn5Xq6L30
 
「くるぞ!」


 山田が、槍を持つが如く、脚立を水平に構える。


从゚ロ゚リル 「任せてっ!」


 走り寄る感染者Cめがけ、僕は手元のオフィスチェアを、
 力いっぱい “ 射出 ” した。


「がぁッ!?」


 感染者Cは、避ける間もなく椅子に足を取られ、大きくよろめいた。
 追撃とばかり、山田が斜めに脚立を振りかぶる。

 今だ。


「うおおおおおお!!  ファイナルサンダーYAMADAスプラッ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:39:31.37 ID:uNZ3gdLRO
えっ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:39:49.09 ID:8al9s5ys0
えっ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:40:21.13 ID:zn5Xq6L30
 
从 皿 ;リル 三三 「ドクミちゃんダッシュ!」

「えッ」


 ──間の抜けた声を背に受けつつ、僕はホールと逆側に猛ダッシュした。


从゚−゚;リル (──よしっ!)


 あった。
 東棟へ繋がる曲がり角の手前。
 多少不安ではあったが、廊下をフラついていた時の曖昧な記憶は正しかった。

 すぐさまハンドルに飛びつく。
 思ったとおり、廊下の水道は生きていた。
 蛇口を捻っていくらもしないうちに、小さなフラスコは満タンになる。

 滞りなく水をゲットした僕は、山田の元へ大急ぎで駆け戻った。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:41:20.60 ID:uNZ3gdLRO
支援

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:42:41.63 ID:6Nk4k2ui0
しえ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:42:57.02 ID:zn5Xq6L30
 
「うアチョー!!」


 ちょうど、感染者Cが廊下の壁に叩きつけられる瞬間だった。


「あがっ!?」


 脚立の一撃を喰らった感染者Cは、
 オフィスチェアに絡まりながら、ずるずると床に伸びる。


「はぁ、はぁ……」

从'。`;リル 「おっ……と、大丈夫スか?」

「ぬお!?  う、内田くんか」


 肩で息をしていた彼に声をかけると、弾かれるように、一メートルほど跳び退った。
 僕であることに気づいた途端、山田はすごい勢いで二の腕を掴む。


「まったく、焦ったよ!  置いてけぼりにされたかと思ったじゃないかー!」

(( 从・ヮ・;リル ) 「す、スンマセン。 ちぃと武器を補充しに……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:45:42.71 ID:zn5Xq6L30
 
「危なかったんだぞ!
 咄嗟に山田インパクトPart2で反撃したから良かったものの……」


 めいっぱい僕の体を揺さぶる山田に対し、目の前でフラスコを振って見せる。

 わずか2、300ミリリットルという、いささか頼りなさすぎる飛び道具。
 刃物でいうと、ちょっとした小刀程度のシロモノかも知れないが、
 使えるアイテムは確保するに越したことはない。

 ……まあ確かに、今この瞬間に取りに行かなくても良かった気はするけど。


「とにかくあと二人だ!
 悪霊に触れないよう、くれぐれも気をつけたまえ」

从゚- ゚;リル 「了解っ」


 さきほど滑らせた椅子の一つは、未だ感染者Cの上体に絡まっている。
 気絶したとは思うが、あえて近づくような真似は避けるが賢明だろう。
 つまり、そちらの椅子はもう使えない。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:48:08.24 ID:zn5Xq6L30
 
 中央階段正面ホールと、そこから伸びる東側廊下。
 けして広くないこの場所には、いくつもの狂気がひしめきあっている。

 残る “ 感染者 ” は、男子生徒と女子生徒が一人ずつ。
 彼らの襲い来る動きは単調だ。
 こちらには、オフィスチェア一つに脚立、さらにフラスコという飛び道具が残っている。


「うぐっ……くぁあぁ……!」


 “ 感染者 ” 一人ひとりに、しぃちゃんほどの脅威は感じなかった。
 いける。
 この調子なら、うっかり触れさえしない限り、彼らの排除はさして難しくないはず。


川д#川 「ぐぅっ、……許さない、ユルサナイ!!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:49:28.61 ID:uNZ3gdLRO
シエン

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:50:20.27 ID:zn5Xq6L30
 
 サダコの激昂が、肩を震わす様からありありと伝わってくる。
 彼女が腕を空に払うと、その近くにいた男子生徒──、
 感染者Dが、野獣のような咆哮を上げた。


从'皿`;リル 「あ、あれも……写真部のヤツなんですか?」

「少なくとも、ウチの部員でないことは確かだね」


 肉付き良く図体のでかい、頑健を絵に描いた感じの男だ。
 武器があるとはいえ、対するこちらはたったのもやし二本。


「がぁぁぁぁぁああぁっ!!」


 ……前言撤回。
 こいつは、一筋縄ではいかないかも。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:53:04.83 ID:zn5Xq6L30
 
●第二伍話 『 PARALLEL - personality. ── VS. サダコD 』


「あがっ……あああああああああああ!!」

Σ从゚、゚liリル (きたっ!)


 どす、どす、どす。
 廊下を揺らしながら、感染者Dが走り迫る。


从゚ロ゚リル 「うりゃあ!」


    スライダー
 “ 滑らせる能力 ” の射程圏内へ入るタイミングを見計らって、
 彼の足元目掛け、オフィスチェアを撃ち出した。


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:53:16.59 ID:uNZ3gdLRO
しえしえ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:55:06.49 ID:zn5Xq6L30
 
「うがッ」


 見事、命中。
 痛々しい音とともに、男子生徒はがくりと膝を折る。

 が、その進行を阻むまでは至らなかった。


(( 从゚△゚;リル ノノ 「わわっ、くるっ!」

「OK、任せて!」


 巨体が眼前まで迫った。
 そこで、山田がそのどてっ腹へ脚立を突き出す。


「ごはッ?!」


 まともに喰らった感染者Dは、苦悶に顔を顰め、上体を折る。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:56:40.51 ID:hJ3ebd0aO
しえー

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:56:42.40 ID:uNZ3gdLRO
支援

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:57:14.93 ID:zn5Xq6L30
 
 しかし。


「うご……うがぁあ!」

「うわっ」

(( 从゚皿゚;リル 「ひゃっ」


 天板部分を腹にめり込ませたまま、腕を大きく振り回してきた。
 間一髪でその拳をかわす。
 まだだ、まだ気絶していない。

 そういえば、こいつはさきほどスパムに殴りかかったヤツだ。
 窓ガラスに突っ込んだハズの拳には、さしたる怪我の痕も見られない。

 マズい、かも。
 この “ 感染者D ”、思った以上にタフだ。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 22:59:47.53 ID:zn5Xq6L30
 
「くっ……」


 山田が後退して体勢を立て直そうとする。
 だが、相手は脚立の反対側、支柱の部分をがっしり掴んでいた。


「なっ!?  は、離せっ」


 綱引きのように、二人は脚立の両側を持ち、奪い合おうとする。
 しかし、山田が両手で掴んでいるのに対し、相手は右手一本だ。


Σ从゚△゚;リル 「あぶないっ!」


 感染者Dは、脚立の端を脇に抱えると、残る左手でストレートを放った。


「ひっ」


 まさに山田の頬へめり込まんとする寸前、


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:02:12.63 ID:uNZ3gdLRO
しえーん

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:02:23.11 ID:zn5Xq6L30
 
「──!?」


 敵の拳は、目を瞑る山田の眼前、ギリギリのところで静止した。

 ──間に合った。


「こっ、これ……は……?」


 透明なボールが、宙空で、拳と顔面に挟まれていた。
 殺しきれなかった衝撃により、山田は小さくよろける。
 以前、クーがやってのけたのと、ほぼ同じ防御法。

         ハイドロキネシス      トレース
从 皿゚;リル (“ 水を操る能力 ” の “ 再現 ”!)


 至近距離であることが幸いしたのだろう。
 拳を遮る “ 水 ” には未だチカラが浸透し、その弾力性は保たれている。
 見よう見まねではあったが、どうにか成功だ。


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:02:51.02 ID:eNuqEupu0
しぇあ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:05:05.05 ID:zn5Xq6L30
 
 右手に力を込めると、へしゃげた水球は、
 ぶよん、と、相手の拳を押し返す。


「うがああああッ!」


 同時に感染者Dが体を引き、
 脚立は山田の手からすっぽ抜けた。


「ああっ!  エリーゼ!」


 名付けるな。


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:07:32.54 ID:uNZ3gdLRO
山田ちょっとうっとおしい

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:07:56.04 ID:zn5Xq6L30
 
从゚□゚;リル 「どいてッ!」


 脚立を奪い取った勢いで、感染者Dの体が後方へと傾ぐ。
 その隙をつき、僕は正面から椅子を抱えて突進した。


从>□<;リル 「りゃああああ!」

「がっはぁ!?」


 感染者Dの体は、脚立ともども2メートルほど吹っ飛んだ。
 対する僕も、ぶつかった衝撃で床へ尻餅をつく。


从 ロ ;リル 「はぁ、くっ、はぁ……」

「な、なんだかわからないが助かったよ!」

从'。`;リル 「うん、ええ、……あいつは?」


 こうも早く、“ 水 ” を使う事態になろうとは。
 やっぱり取りに行って正解だった。
 世の中本当に何が起こるかわかったもんじゃない。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:10:17.27 ID:zn5Xq6L30
 
「ああ。 やっt……」

Σ从゚△゚;リル 「───って、ない!?」

「なにっ?」


 だが。
 追撃を受け、仰向けに倒れこんでなお、相手はその意識を保っていた。


「うぐ……ッ。 が……ああっ!」


 僕は山田の手を借りて立ち上がると、周囲へ視線を走らせた。
 もう一度攻撃を!
 今振るったオフィスチェアは──。


从゚д゚liリル 「げっ」

川#д川 「……!」


 あった。
 感染者のさらに向こう側、つまりサダコの元まで滑り飛んでいた。


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:10:19.85 ID:uNZ3gdLRO
しえん

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:12:36.44 ID:zn5Xq6L30
 
从゚□゚liリル 「ま、まっずっ」


 突進の直後、倒れる際に、僕の足がぶつかったせいなのだろうか。
 水ナシ、椅子ナシ、脚立ナシ。
 なんてことだろう、あっという間に攻撃手段が全て無くなってしまった。

 ひとまず小走りで距離を取る。
 倒れた感染者Dは、苦しそうなうめきを発しつつも、
 傍らにある脚立へ手を伸ばし、踏ざん(足置き部分)をしっかりと掴んだ。


「内田くん、他に何か奥の手は!?」

((从 - ;リル)) フルフル

「くっ……そうか」


 山田が口惜しげに唇を噛む。

 いま一度水を運んでくることは出来るだろうが、あの量じゃ決定打にならない。
 先ほどと同じく、良くて攻撃を防げる程度。
 フラスコはあくまで攻撃の補助にしか使えない。


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:14:54.41 ID:uNZ3gdLRO
しえんた

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:15:04.33 ID:zn5Xq6L30
 
「エリーゼを奪われた以上、山田スペシャルもマウンテンパディも使えない」

从゚、`;リル 「も、もう一度職員室に戻ります?」

「……いや、かくなる上は」


 山田はぽん、と僕の肩に手を置くと、


「戦略的撤退といこう」


 小さくつぶやいた。


从゚□゚;リル 「撤退? 校舎の外まで逃げるってことですか!?」


 思った以上に頓狂な声が出た。
 水道のところまでおびき寄せることが出来れば、
 勝機も生まれるかも知れないけど。


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:18:20.73 ID:eNuqEupu0
さよならエリーゼ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:19:06.24 ID:zn5Xq6L30
 
 しかし彼は、こちらの問いには答えず、


「ところで、ちょっと聞いて欲しい」

从゚−゚;リル 「?」

「彼らに襲われない方法が、ひとつだけある」

゙从゚、゚;リル 「えっ?」


 耳元で囁きかけてきた。
 これは仮説だけど、と前置きし、早口で捲くし立てる。


「悪霊に取り憑かれた奴らは、幻覚症状などに苦しまされる。
 しかし、彼らはその幻覚の内において、
 僕たちのように 『 正常な者 』 しか、視認できないんじゃないかな」

从゚o ゚;リル 「?? そ、それってどういう……?」


 芝居がかった口調に、得も言われぬ違和を覚えた。
 山田はどこかのセクハラ部長のように、僕の肩を揉みさすりながら続ける。


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:22:10.13 ID:uNZ3gdLRO
支援

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:23:29.37 ID:zn5Xq6L30
 
「憑依されている者たちは、互いを認識できていないんじゃないかってこと。
 気性の荒いヤツもいるわりに、同士討ちするところは見たことがない。
 つまり」

从゚、゚;リル 「……はぁ」

「憑依された者が 『 敵だ 』 と感じ、襲う対象は、
 まだ憑依されていない人間だけだと思うんだ」

从'、`;リル 「ゾンビみたいなもんだっていうんですか? でも……」


 彼の物言いには疑問が残る。

 単に辺りを徘徊している連中ならともかく、
 ここにいる数人の “ 感染者 ” たちは、
 サダコによる、いわば遠隔操作を受けている状態なのだ。

 誰を襲うかなんてのは、サダコの意志ひとつではないのか。


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:24:36.23 ID:uNZ3gdLRO
ふむ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:26:05.96 ID:zn5Xq6L30
 
「案外、取り憑かれてしまったほうが安全なのかも知れない」


 って、なんだそのトンデモ結論。
 言いたい事がまったくわからない。

 首をかしげているうちに、感染者Dがゆっくりと起き上がった。
 脚立を杖代わりに、禍々しいオーラを放っている。


「がぁぁあぁっ……!」


 咆哮とともに、鬼のような顔つきでこちらに視線を向ける。
 目が合った。

 マズい。  ぐずぐずしている暇はない。
 対抗手段を失った以上、確かに一度、退かざるを得ないようだ。

 ところが──。


「すまないね、内田くん」

从'。`;リル 「はい?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:28:24.27 ID:zn5Xq6L30

「少しの間だけでいい」


 後ずさりしていた僕の背を、ふいに山田の胸が遮る。
 肩に置かれていた右手が、ブレザーの襟へと回された。


从・、・リル゙ 「へ?」


 ぐっと力が込められ、僕の体は上へ引っ張られた。
 続けざま、背中にもう片方の手が添えられる。


「辛抱してくれたまえ!」


 ──まさか。

   _, 、_
Σ从゚Μ゚llリル 「んなっ」


 あろうことか。
 山田は僕の体を押しながら、感染者のほうへ前進し始めたのだった。


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:28:39.62 ID:+dvQMIXY0
支援

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:32:50.48 ID:zn5Xq6L30
 
从 □ilリル )) 「な、な、なぁぁぁあぁっ!?」 ズザザザ


 両腕をじたばた動かし抵抗するが、思った以上に山田の力は強い。
 僕の体はずりずりと前へ押し出されてゆく。


「大丈夫、憑依されてたほうが安全だから!」


 いや、安全も何も──。


「ごがぁあああぁぁああぁあ!!」

Σ从 □lliリル 「あんぎゃぁああああ!!」


 どう見ても彼、襲ってくる気満々だから!  脚立振り上げてるから!


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:34:15.73 ID:uNZ3gdLRO
さてさて

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:35:06.95 ID:zn5Xq6L30
 
「ははっ。 心配はいらないさ……!」


 とうとう感染者Dがこちらへ歩き出した。
 足を突っ張って必死にブレーキを試みる。
 すると、山田は僕を羽交い絞めにし、その状態でひょいと抱え上げる。


「よいしょっ」

从 皿 ;リル 「や、やめろッ! 離せぇ!」 バタバタ


 こ、こいつ。
 ひょっとして、初めからこのつもりだったのか。


「すぐに助けに……来る!から!ね!」


 いよいよという場面になれば、僕を肉の壁として────!


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:35:13.17 ID:eNuqEupu0
裏切りのエリーゼ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:37:44.80 ID:zn5Xq6L30
  _, 、_
从 □#リル 「ふっ、ふざッ」


 まさに前方へ突き飛ばされる寸前。
 すんでのところで、後ろ手に、山田の腰をつらまえた。

  _, 、_
从゚Μ゚#リル 「っっざけんじゃ! ね────ッ!」


 躊躇はなかった。
 そのままぐい、と、シャツの裾を引き絞る。


「お!?  お、おおお!?」


 “ 滑らせる能力 ” によって、彼は大きくバランスを崩した。
 当然、僕もそれに巻き込まれ、二人仲良くその場に転倒する。


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:38:33.20 ID:uNZ3gdLRO
しえーん

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:40:06.19 ID:zn5Xq6L30
 
「ぐ……な、にが」

从 皿#リル 「こなくそ────ッ!!」

「はぐッ」


 起き上がろうとした山田の背を、僕は勢い任せに弾き飛ばした。


「おおろおお────ッ!?」


 山田は、愉快な悲鳴を上げながら床を滑ってゆき──。


「「はうあ!!」」


 脚立をかかげて迫った感染者Dの、下半身へとストライク。
 二人はもつれながら床にひっくり返った。


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:40:48.43 ID:M6uoxpagO
たくましいwww

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:41:13.59 ID:8al9s5ys0
山田ざまぁ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:41:18.05 ID:hJ3ebd0aO
しえーん

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:42:21.40 ID:zn5Xq6L30
 
「お……ごっ……お……!!」  チーン

「……ぐほッ」 チーン


 感染者Dは泡を吹いて沈黙する。
 ……山田は彼の体の下敷きとなって、ぴくぴく痙攣していた。


从゚△゚liリル 「はーっ。 はーっ。
       ……クソヤロウ」


 僕は四つんばいの姿勢で、彼らのダウンする瞬間を見ていた。

 想定外のアクシデントに見舞われはしたが──。
 ともかくも、残る “ 感染者 ” はただ一人。
 孤立無援となった僕を、スパムが不安げな表情で見つめる。


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:45:04.18 ID:zn5Xq6L30
 
 スパムの横にいる感染者Eは、女生徒だ。
 狂おしくうめきを上げる彼女の片手には、
 大きめのスタンガンのような物体が握り締められている。

 ともかく、武器を持っているのは厄介だ。
 取り囲む者たちがいなくなったあとも、スパムが逃げようとしないのは、
 彼女に睨まれているせいもあるのだろうか。


从゚、゚;リル 「!」


 そうだ、武器!
 落ちた脚立を拾うべく、僕は倒れ伏す感染者Dの方へ走り出した。


『 ウ ゴ ク ナ 』


 その時だった。


从゚皿゚;リル (──え?)


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:46:23.19 ID:6Nk4k2ui0
山田は仲間じゃなくて武器だったか

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:47:13.80 ID:uNZ3gdLRO
支援じゃ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:47:14.67 ID:zn5Xq6L30
 
『 ト マ レ 』


::( 从゚□゚liリル ):: 「な!?  あ、がっ」


 すぐには状況が理解できなかった。
 地の底から響くような、凄みのある声が辺りに轟く。

 直後、僕の体は駆け出そうとした姿勢のまま、はたと静止していた。


川゚д川 『 ドウヤラ、オマエニモ効キ目ガアルヨウダ、安心シタ 』


 意味が呑み込めた途端、どっと冷や汗が噴き出す。
 前髪の間から覗く、狂気を宿した瞳。


川゚д川 『 ソノママウゴクナ!  ……オトナシク、シテイロ 』


 ──サダコの “ 別人格 ” と、そいつの超能力。
 戦慄。
 僕の体は、まるで金縛りにあったように動けなくなっていた。


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:49:56.32 ID:zn5Xq6L30
 
::从 ロ liリル:: (触れてもいないのに、全身が強張って──。
         “ マインドコントロール ” !?)


 サダコが “ 動けなくなる ” と繰り返していた意味が、ようやくわかった。
 でも、わかった時には遅すぎた。

 体を動かそうとしても、筋肉がぴくぴくと痙攣するだけで、思い通りにならないのだ。
 彼女にこんな隠し玉があったなんて。
 まずい、まずい、まずい。


从 д liリル (声が、出ない。 遠隔操作する水もない。
       ──ヤバい!)


 感染者Eがこちらに向き直り、ふらり、動き出す。
 緩慢な歩みではあるが、
 武器を掴んだ右手には力が篭っているらしく、奇妙な震えを帯びている。

 万事休す……!?


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:51:01.62 ID:A9q5UoTWO
支援す

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:52:23.39 ID:zn5Xq6L30
 
 恐怖と焦りにわななく、僕の前方で。

 ひとつの影が、スッと、動いた。


Σ从゚д゚;リル 「────!?」









 どん。


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:54:30.90 ID:uNZ3gdLRO
支援

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:54:40.90 ID:zn5Xq6L30
 
 彼女は。
 目の前の敵を、両手を使って力任せに押しのけた。


「なっ!?」


 さらに。

 よろめき、後退した相手のもとへ駆け。


「や、めっ」


 勢い任せに、その体を思い切り突き飛ばす。






        「 あ 」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:57:04.68 ID:zn5Xq6L30
 
 瞬く間の出来事だった。

 肉体が床に打ちつけられる、不快な連続音が、衣擦れと混じり合い。

 何度も、
 何度も、
 生々しい旋律を奏でて──。




 どさり。

 止まった。



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:58:38.01 ID:uNZ3gdLRO
シエン

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/26(日) 23:59:17.45 ID:zn5Xq6L30
 
 ──フロアが凍りついた。


从゚ロ゚liリル 「あ……あ……!」


 荒い息を吐きながら、正面を睨みつける少女。

   _,
ヽiリli 皿 ノi 「あんたなんて……あんたなんて!」


 感染者Eとサダコ、二人の意識が、僕に向いた瞬間を見計らって。
 彼女が、サダコを、階段から。


从゚ロ゚liリル 「………」


 突き落としたのだ。


ヽiリli;ヮ;ノi 「あはははは! はは、きゃははははは!!」

从゚△゚liリル 「……す、ぱむ……」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:00:54.61 ID:8KGMxz/zO
しえ

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:01:54.72 ID:r+r21PblP
やりやがった・・・・・・

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:02:37.43 ID:uf+o3Qdh0
 
ヽiリli;ワ;ノi 「ざまあ見なさい! ひゃはは、ひひっ!
        ……天罰よッ!」


 虚空に向かい、ひとり高笑いをあげるスパム。
 背筋に薄ら寒いものが走る。
 彼女の姿に、僕は紛うことなき狂気を感じていた。


ヽiリli 皿 ノi 「何が復讐よ!  何が 『 わたしは全て知っている 』 よ!
        私が、ぎっ、偽善者ですってぇ!?
        ……ふざけるなぁ!!」

ヽiリli ワ ノi 「調子に乗りやがって!
       これは天罰!  天罰なのよッ!
       きゃ──っははははははははは!!」


 繋ぎとめていた何かが切れてしまったのだろう。
 ヒステリックな彼女の笑い声は、愉悦の匂いを滲ませながら、
 どんどん甲高く、大きくなっていく。


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:05:19.01 ID:uf+o3Qdh0
 
 僕は心の底から戦慄を覚えた。


ヽiリli゚ヮ゚ノi そ 「いい気……味……っ!
         ………?」


 狂乱する彼女の姿に。
 そして。

 これから直面するであろう、どうしようもない現実に。


ヽiリli゚д゚ノi 「……ひッ」


 ──だって。

 サダコは階段から落ちたはずなのに。
 周りの感染者が動きを止めようとしないのは。

 未だ、僕の身が動かないままなのは。


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:07:35.93 ID:N6hReAx8O
なんと

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:08:07.23 ID:uf+o3Qdh0
 
「ひぎああああああああああああッ!!」


从゚−゚ilリル 「───!」


 絶叫が響き渡った。


::ヽiリli □ ノi:: 「嫌ッ! いやあああああああ!!」


 スパムは苦悶に顔を歪め、床へ倒れ込んだ。


「痛だぁああぁあ! たず、げッ! ああああああ!!」


 わめきともつかぬ悲鳴を上げながら、
 壊れたぜんまい付きのおもちゃのように、バタバタとのた打ち回る。

 今まで見た “ 感染者 ” の中でも、突出した苦しみようだった。


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:10:23.04 ID:uf+o3Qdh0
 
「痛い痛い痛だぁぁぁあ! 死ぐッ! 助けでぇえ!」


 “ 感染 ” の大元 ── 発生源。
 それは他でもない。 サダコ自身なのだ。

 周りの “ 感染者 ” だけではない。
 サダコ本人に触れてしまえば……。
 その能力は、容赦なく。


「あぎゃああああああッ!!」


 精神を、蝕む。


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:11:42.36 ID:N6hReAx8O
おぅふ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:12:33.17 ID:s7LjjLog0
おおう…

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:13:14.66 ID:uf+o3Qdh0
 
『 うぎッ……ヨ……クモ! 』


 もがき苦しむ彼女のもとへ。
 足を引きずりながら、ふらふらと近づいてゆく影がひとつ。


『 ……ロジテヤル、コロ……テヤル……、コロシ……ヤル……ッ!』


 憎悪は。
 狂気は。
 遺恨は。
 怨嗟は。
 害意は。
 妄執は。

 呪いは。
 

川皿゚#川 『 コロシテヤル!! 』


 未だ、生きている。
 周りの全てを呑み込むほどに、大きく膨れ上がりながら。


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:13:45.79 ID:C2JZIk5gO
あうあー…

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:15:49.68 ID:uf+o3Qdh0
 
川д゚#川 『 オマエ……絶対許ザナイ!!
       シネッ! ゴロシデヤルッ!! 』


 血濡れの顔半分を手で押さえ、スパムの姿を見下げるサダコ。
 ただならぬ様相だった。
 彼女は今、復讐の念に全身を支配された、殺意の塊だった。


川д゚#川 『 オ マエ  ナンテッ !! 』

ヽiリli Д ノi そ 「うぐっ……」


 サダコは、転げ回るスパムを捕まえると、首を掴んで起き上がらせた。
 そのまま両手で絞め続ける。
 スパムのこめかみに青筋が浮かび、手が宙を掻き毟った。


从゚Ο゚liリル 「何をして……や、やめろッ!」

川#゚д川 『 ク ル ナ!! 』

Σ从 □ liリル 「あ、がっ!?」


 体の硬直が徐々に緩み、駆け出そうと思ったのもつかの間。
 サダコの大喝に、ふたたび脚が竦み上がり、静止を余儀なくされる。
 叫ぼうとしたが、声にならない。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:18:13.02 ID:uf+o3Qdh0
 
「あああああ……!」

从゚、゚;リル 「!?」


 そこで、僕の叫びを代弁するかのように、後方からうめきが重なった。
 嫌な予感に背筋が伸びる。
 ま、さ、か。

 どうにか首だけ後ろへ向けると、やはり。
 廊下の端に、数人の “ 感染者 ” が蠢いている姿が見えた。

     ,_
Σ从 дilリル (さっ、最悪っ!)


 いつからそこに居たのかはわからないが、
 既に、後ろにも逃げ場は無くなっていたのだ。

 ざっと見ただけで、5、6人のシルエットが見える。
 山田が、わざわざ僕の体を盾にしてまで “ 前方へ ” 逃げようとしたのは、
 この事実に気づいたためだったのか。


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:20:35.68 ID:uf+o3Qdh0
 
从゚д゚liリル (あれ? そういえば、ヤツ……は!?)


 と、そこで気づく。
 山田と感染者が折り重なっているはずの方向には、
 股間を押さえてうずくまる、感染者Dの姿しかない。


「違うぅぅぅうぅう」

Σ从゚ο゚;リル (げっ、こいつッ!)


 聞き覚えのある声に、右前方を向く。


「それはぁああぁあっ。 ストローじゃないぃぃいいぃ」

(( 从 ロliリル ) (さ、最後の最後まで──ああもう!)


 そこには既に、黒髪の長身が、白目を剥いて佇んでいた。
 再度 “ 感染 ” したらしき彼は、僕と目が合った途端、やおら動き出す。


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:23:10.79 ID:uf+o3Qdh0
 
「ううううう……!」


 左前方からは、明後日の方向を見つめる女子生徒──感染者Eが、ゆらりと迫り来る。
 手に握り締めた凶器、伸縮式の三脚を振り上げながら。


「あああああ……!」


 後ろからは数名の “ 感染者 ” 。
 ただ徘徊していたはずの彼らは、
 何がきっかけとなったのか、今や全員が迷いなく、僕のほうに向かってきている。


「そーれーはぁぁあぁ、ちーくーわーぁぁだあぁぁ」


 再び前へ振り向く。
 涎を垂らしながら脚立を拾い上げる、山田の姿があった。


::从 ◇il|lル:: (ひいいぃぃっ!  た、助けてッ!)


 絶体絶命マズいヤバい一触即発四面楚歌。


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:25:59.49 ID:uf+o3Qdh0
 
「げッ! げがッ……!  は……!」


 スパムの顔は青紫に染まり、口の端から止め処なく泡を吹いている。
 目を剥き、舌を飛び出させた彼女が、びくんびくんと痙攣する姿は、
 さきほどまで高笑いしていた少女と同じ人物とは、到底思えない。


川д゚#川 『 ユルサナイ……!
       コロス! シネッ!! シネェ!! 』


 まさしく断末魔、生命の危機に瀕している人間の表情だった。
 だが、サダコがその手を緩める様は見られない。
 このままだと、スパムは確実に死ぬ。


从 □ilリル 「うくっ……! ああ!
       や、めろぉ!」


 ようやく声が出た。
 体の硬直も僅かながら解けてきている。
 でもこれじゃ間に合わない。
 救えない。
 彼女を助けることができない。


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:26:03.41 ID:N6hReAx8O
支援

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:28:11.44 ID:uf+o3Qdh0
 
                 ───君には、救えないよ


「あっ……がっ……!」


 苦しみもがくスパムの目が、ぎょろりとこちらを向いた。
 震える腕が、僕に向かって差し出された。

 動け、動け、動いてくれ。
 目の前で、少女が殺されようとしている。
 少女が人を殺そうとしている。


                        ───だれも


川д゚#川 『 コロシテヤル! オマエガ! オマエガッ! 』


 僕は。
 ぼくは。
 ボクを救えなかった。
 落ちる彼女を止められなかった。
 目の前で転落する彼女を、救えなかった。


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:29:08.47 ID:N6hReAx8O
しえん

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:30:14.82 ID:jRUI/v3z0
支援

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:30:25.85 ID:uf+o3Qdh0
 
从 □liリル 「うわぁぁあぁぁぁぁあぁっ……!!」


 動いてくれ。
 やめてくれ。
 たすけてくれ。
 たすけて。

 さもなければ。
 まただ。
 また、目の前で人が死ぬ。

 嗚呼、お願いします。
 神様。

 誰か、誰でもいい。
 頼むから。
 誰か!


「あああああああああ!!」


 スパムを。
 サダコを。

 二人を、救ってくれ!


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:33:25.50 ID:uf+o3Qdh0
 







  『 ──なんだお!? 』








102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:35:53.94 ID:s7LjjLog0
弟おおお

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:36:05.39 ID:uf+o3Qdh0
 
 ── 救世主は、あまりにも、あまりにも唐突に現れた。


「ちょ、おまっ!  何してるんだおおおお!?」


 ── そして、甚だ意外な人物だった。


川#д゚川 『 オマエ……! 』


 調子外れの声がホールに響き、サダコがそちらへ顔を向ける。
 同時に、スパムへの首の拘束が解けた。
 がくりと跪いた彼女は、直後、床で激しく咳き込みだした。


(i||i ゚ω゚) 「井戸中……さん?
        ウチのクラスの、井戸中さんなのかお!?」


 中央ホールを挟んで、向こう側の廊下。
 西棟の方向から現れたブーンは、
 状況を飲み込めていないようで、ひとり目を白黒させている。


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:38:14.71 ID:uf+o3Qdh0
 
从゚□<;リル 「ぶ……うん!」

( ; ゚ω゚) そ 「に、ニーチャンかお!?」


 辺りはみんな “ 感染者 ” だ。  気をつけろ。
 叫ぼうとした僕の台詞を。


「いやぁああぁぁああっ!!」


从゚Ο゚;リル 「──!」

( ; ゚ω゚) 「!?」


 他ならぬ、サダコの絶叫が掻き消した。


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:39:27.74 ID:u7D7aHnIO
シエンタ

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:40:37.14 ID:uf+o3Qdh0
 
川lii□川 「ち、違うッ!
       わたしッ!
       岡戸さんを、殺したく、ないッ!!」


 彼女は口元をおさえ、激しくかぶりを振っていた。


川lli□川 「苦しみと……恐怖を刻み付けるのが、わたしの復讐だった!
       でも、こんなこと……までは!  し、したくない!
       い、命を……奪うなんて……!」


 動きにあわせ、ぽたぽたと血がしたたる。
 サダコはひどく怯えていた。
 今の今まで、憤怒の形相で首を締め上げていたのとは思えないほどに。


川lliД川 「やめましょう! ミルナ! わ、たしは……!」


 血相を変えて後ずさるサダコ。
 だが、彼女の声を遮ったのも、また、 “ 彼女 ” 自身だった。


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:41:49.54 ID:N6hReAx8O
しえーん

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:43:41.38 ID:uf+o3Qdh0
 
川д゚川 『 ダ メダ。  ユル サナイ 』


 声色が転じるとともに、彼女はかくりと首を垂らす。
 長い黒髪がその顔を覆った。
 かろうじて見えた表情は、激しい怒りに満ち溢れていた。

 辺りに轟く、低く、くぐもったしゃがれ声。
 老人のような、普段のサダコとはまるきり別人の声。


川皿゚#川 『 ワタシヲ蔑ンダ者。 無視シタ者。 邪魔スル者。
       ……ソシテ、裏切リ者!
       オマエダ、スパム!!』


 鈍い僕にも、ようやく何が起きているかわかった。
 こいつが、“ 別人格 ” だ。
 そして、サダコはこいつの意志に、抗おうとしている。


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:48:24.69 ID:uf+o3Qdh0
 
川Д゚#川 『 全テノ奴ラニ! 同ジ苦シミヲ、味ワワセテヤル!
       ゼッタイニユルサナイ!!
       ……コロシテヤル!! 』


 別人格の心を支配する感情──。
 それは、純粋にして完全なる厭悪。

 敢然たる、殺意。
 

川liд川 「いやッ! わたし……できない!
      怖い、怖い!  ……あなたが!」


 目の前で繰り広げられている事象を、おそらくブーンは理解できていないだろう。


川д゚#川 『 ダ マ レ 』


 サダコは自己に棲む狂気と戦っていた。
 かつての友人を殺めようとするそいつを、
 その凶行を、必死に食い止めようとしていた。


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:49:29.34 ID:N6hReAx8O
ふーむ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:51:18.66 ID:uf+o3Qdh0
 
川д゚#川 『 ワタシハ コノ日ノタメニ 生マレタ!
       邪魔ナ者ハ 全テ 排除スル! 』

( ; ゚ω゚) 「井戸中さん!?  き、君がチャネラーなのかお!?」

川д゚川 『 サダコ……オマエハ 』


“ フ ク シ ュ ウ ヲ ”


从゚□゚;リル )) 「ぷはっ!?」


 声が一段と低く轟き、僕の体の束縛が解かれた。
 あまりの唐突さに、思わずその場でふらつく。


“ ト メ ル コ ト ハ ”


川liд川 そ 「なっ……!」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:53:32.37 ID:uf+o3Qdh0
 
“ デ キ ナ イ ”


 階段へ続くホールの角で、頭を抱えて壁に凭れていたサダコだったが、
 その全身がびくんと跳ね、足先からスパムの方を向いた。


“ コ ロ シ テ ヤ ル ”


 困惑した表情のまま、一歩ずつ歩き出す。
 のどを押さえ、うつ伏せで咽びあえぐ、スパムのほうへと。


川;д川 「ミルナ、あなたまさか──!
      何度も何度も、『 その言葉 』 を繰り返していた……のは!」

从゚д゚;リル 「──!?」


“ ユ ル ス ナ ”


川lliロ川 「……わ、たしを!?
      『 わたしに 』 “ 暗示 ”を………刷り込ませて!
      い、いやッ!」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:53:51.64 ID:jXYCy/vFO
しえん

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:55:09.18 ID:N6hReAx8O
それはできちゃうのか

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:56:35.51 ID:uf+o3Qdh0
 
 サダコは顔を歪め、しかし、歩みを止めることなく。
 息も絶え絶えなスパムの元へ戻ると、ふたたびその襟首を掴み上げる。


从 □ ;リル 「やめろぉおぉぉおっ!」


“ コ  ロ  セ ”


三( ; ゚ω゚) 「だ、だめだおっ!  離すんだお!」


 僕とブーンは、廊下の両サイドから、同時に走り出していた。


川lii ロ川 「た、たっ……」





 『 助けて 』 ──っ!


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 00:59:07.79 ID:uf+o3Qdh0
 
 道を塞ぐ感染者たち。
 建物を震わす雄叫び。
 振り上げられる凶器。

 もはや考えなんてなかった。
 ただただ、身を包む焦燥に駆り立てられるまま。
 襲い来るヤツラの中を、突っ切った。


从 □ilリル 「うわあぁあぁあっ!」


 なおも妨害せんとする感染者たちを、なぎ払い、駆ける。
 何かがぶつかった。  激痛に身を折る。
 一瞬開けた視界が、即座に歪み、萎縮してゆく。

 悪寒が身を包む。
 感染した。
 関係ない。

 意識が完全に支配される、その前に、サダコを。
 彼女を、止めるんだ!


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:00:29.64 ID:jXYCy/vFO
ふむふむ…

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:01:47.98 ID:N6hReAx8O
支援

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:02:17.46 ID:uf+o3Qdh0
 
 ──だが。


从゚□゚ilリル (──えっ)


 頭を上げると。
 目の前にいるはずの、ブーンが、サダコが。


 消えていた。 


 そして、直後。
 僕の横を、凄まじい速度で、何かが駆け抜けた。


从 。 ;リル 「!?」


 一瞬遅れて、後方からけたたましい音響。


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:06:41.58 ID:C2JZIk5gO
支援

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:07:13.13 ID:uf+o3Qdh0
 
从 ロ゚;リル (な、何が──?)


 ぼんやりとした視界が、徐々にはっきりしてきた。
 弾かれるように振り返る。

 そこには、到底理解の及びそうにない、謎の光景が広がっていた。


Σ从゚д゚;リル 「えっ!?」


 廊下の床、壁から飛び出した消火栓の脇で。
 ブーン、山田、サダコの三人が、折り重なるように倒れていたのだ。


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:08:47.32 ID:jXYCy/vFO
しえんた

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:09:26.87 ID:uf+o3Qdh0
 
(  ω )

 
::川li゚Ο川:: 『 あ……かッ、かはっ 』


 サダコは、何がなんだかわからない、といった様相で、口をぱくぱくさせていた。
 おそらくは、僕もそういう表情になっていたことだろう。
 伸ばされたサダコの腕が、空を二、三度掴もうとしたあと、


川li д川 『 ……ッ! 』


 力を失って、ぱたり、床に落ちる。


从゚ロ゚;リル (な、何がどうなって……)

Σ从゚д゚;リル 「!」 ハッ


 ブーンはサダコの体に圧し掛かる形で、床の上に伏していた。
 そして、ぴくりとも動かない。


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:12:36.82 ID:uf+o3Qdh0
 
从゚□゚lliリル 「ブーン! 大丈夫か、ブーン!?」


 僕はすぐさま、彼らの元へと駆け寄った。

 転がる巨体を抱きかかえた瞬間、
 周囲から、どさり、どさり、と、いくつもの音が響く。

 音の正体は、感染者たちだった。
 まるで操り糸を断ち切られたかのように。
 主を失った傀儡たちは、一人、また一人と、床にくず折れてゆく。


 ── 続けざま、遠くからサイレンの音色が聞こえてきた。


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:15:04.47 ID:uf+o3Qdh0

从゚□゚;リル 「おいっ、ブーン……おいって!」


 わけがわからなかった。

 まるで前衛的なオブジェのように、
 幾人もの生徒たちが倒れ伏す、ほの暗い廊下。

 窓より射す、赤い光に照らされて。
 僕はそこで、たったひとり、膝をつき。
 震えていた。


从>ロ<iリル 「しっかりしろ! ブーン! ブーン!」


 “ 内藤ドクオの ” 弟を、抱きかかえたまま。


===
==



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:15:13.97 ID:N6hReAx8O
しえしえ

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:16:26.65 ID:jRUI/v3z0
支援

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:17:23.30 ID:uf+o3Qdh0
 


ヽiリ,,゚ヮ゚ノi 『 えっ?
       あなたも、オカ研への入部、決めたんだ!? 』


川д川 『 う、うん。
      わたしに……何ができるかはわからない……けど 』


ヽiリ,,^ヮ^ノi 『 そっかぁ!
        じゃあ、部活でもよろしくね、サダちゃん! 』


川д*川 『 ──え、ええ。
       わたしこそ……よろしく。
       ……スパムちゃん 』


 『 これからも、よろしくね 』

 『 ずっと 』

 『 わたしの、友達 』

 

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:17:47.95 ID:Xnz8QiTzO
支援

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:20:00.77 ID:L4f10qfJO
紫煙

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:21:10.64 ID:uf+o3Qdh0
 

==
===


 階段を駆け上がってきた救急隊員は、その惨状に目を丸くしていた。
 当然の話ではある。
 あまりにも唐突で、不可解極まりない、そんな結末だった。


 その後、校舎外に倒れていた者含め、じつに二十余名もの生徒が病院に搬送された。
 が、概ね身体・精神に別状なく、意識を取り戻すと同時に退院するに至った。


 ── 五人の生徒を除いては。


 言うまでもなく、ブーンと、その肉弾攻撃に巻き込まれたサダコ。
 それから山田、スパム、しぃちゃんである。


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:24:19.09 ID:uf+o3Qdh0
 
 あの瞬間、ブーンの身に何が起こったのか。


 彼には “ 物体転送(アポーツ) ” という超能力が眠っていたらしい。


 一刻も早く我々のもとに向かいたい、そう考え、走り出した瞬間。
 彼の潜在能力は、自らの体を、サダコの元へ “ 引き寄せた ” 。

 ただしそれは、創作で稀にみる、便利な 『 テレポーテーション 』 とは少々異質なもの。
 ブーンは自分の体を “ 転送 ” したのではなく、
 目的地と自己を結ぶ直線上の空間を、段階的に “ 消し去った ” のだ。


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:24:36.15 ID:N6hReAx8O
支援

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:26:27.96 ID:uDVd3I1iO
ザ・ハンド的な?

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:26:57.61 ID:s7LjjLog0
そういえばブーンのほうの能力まだ出てなかったな

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:27:28.70 ID:uf+o3Qdh0
 
 ブーンのアポーツは、質量の小さいものしか “ 転送 ” できない。
 後日、流石先生たちと話した内容は、
 理論的根拠の全くない、夢物語に近い内容だった。

 曰く。
 ブーンはあの時、大気そのものを “ 転送 ” したのではないか、と。
 その結果、ブーンの正面には、真空に近い状態が断続的に発生し──。

 ……と。
 これらは所詮仮説に過ぎず、実際のところは原理不明としか表現できない現象だった。
 何故ならば、それ以降、検証する機会が我々に与えられていないためだ。


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:28:18.46 ID:TGsEB9N1O
最終的にはエスパークーのようになるのだろうか?

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:30:10.19 ID:jXYCy/vFO
ふむふむ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:30:45.70 ID:uf+o3Qdh0
 
 ともかくも。

 超常現象として知られるテレポートと、
 彼の 『 アポーツによる自身の転送 』 には、大きな相違点があった。

 それは、目的地点へ移動する際、驚異的な加速を伴うということだ。

 ブーンはサダコの元へ “ 瞬間移動 ” したのではなく──、
 彼女の場所まで、勢いよく吸い込まれたのだった。
 (最終的に山田を巻き込みながら)。


 ──絶対不可視 ・ 絶対不可避の 【 体当たり 】 。


 制御できないESPがもたらした、一撃必殺の大技で、かつ最悪の自爆技。
 旧校舎の事件に終息をもたらしたのは、ブーンに生まれたその能力だった。

 だがしかし、彼はこの瞬間から、
 常に、アポーツが “ 暴発 ” する危険とともに、生きていかねばならなくなった……
 とも言い換えられる。

 制御できない超能力という “ 弊害 ”。
 流石先生、そして僕の顔が著しく曇ったことは、言うまでもない。


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:33:10.99 ID:uf+o3Qdh0
 
 狂気の夜は終わった。


 僕たちが旧校舎で経験したことは全て、
 サダコという一人の復讐者との争いであり、戦いであったのだろう。

 けれど、そこには熱い攻防も、
 血湧き肉躍る拳のやり取りなんてものも、ありはしなかった。

 そしてきっと、勝利も、敗北も存在しなかった。
 居合わせた誰もが、心と体に傷を負い。
 結局のところ、僕は、何ひとつ救うことができなかった。

 僕自身、またしてもブーンに助けられたのだから。
 彼は多大なる苦痛とともに、一つの事件へ強制的に幕をおろした。

 一人の少年に生まれた、超能力という “ 障害 ”。
 そんな不確定要素によって、あっけなく、復讐の糸は断ち切られた。


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:34:44.96 ID:s7LjjLog0
メガンテktkr

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:35:08.47 ID:r+r21PblP
なるほど・・その発想はなかったな・・・

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:35:37.05 ID:uf+o3Qdh0
 


 そう、結末なんてものは、いつだって。



                 ──トモダチ?



 唐突に、訪れるものなのだ。



                 ──ソンナワケ ナイジャナイ



 唐突に。



144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:36:37.24 ID:N6hReAx8O
ふむふむ

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:38:07.08 ID:uf+o3Qdh0
 

 〜 〜 〜


 病院から戻ったのは、日付が変わった直後だった。

 ブーンの入院の手続きやなんやでこんな時間になってしまった。
 彼は骨折という傷を負いはしたものの、
 幸い命に別状はなく、数日から1〜2週間ほどで退院できる見通しだ。

 あいつの合意もあり、両親には伝えないことにした。
 大学中退のことなど、我ら兄弟にはバレるとマズい事実が目白押しなのだ。


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:39:55.28 ID:jXYCy/vFO
支援!

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:40:36.89 ID:uf+o3Qdh0
 
 やるべき事はまだまだ沢山残っている。
 がしかし、アパートに着いて真っ先に僕が行ったのは、
 バスタブに湯を張ることだった。


从 、 リル 「……」


 これまで僕は一度たりとも、女の姿のまま入浴したことはなかった。
 ドクミになったときは出来るだけ早く寝て、
 あくる朝、自分の体が男に戻ったのを確認してから、シャワーを浴びるようにしていた。

 理由は、以前にも述べたように、安っぽいプライドに固執していただけ。
 自身を律するため──なんて言うと聞こえはいいが、要は、怖かったのだ。
 自分勝手に、知らない女性の肌に触れることが。

 ともすれば。
 誰かのカラダを、煩悩のままに弄んでしまうことが。


从 、 リル 「……」


 ハンドルを捻ると、頭上から勢い良くぬるま湯が吹き出した。


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:42:05.67 ID:p466/wla0
支援

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:43:06.90 ID:uf+o3Qdh0
 
 バスルームが白い湯気に包まれたあと、傍らの鏡へ視線を移す。
 そこに映ったのは紛れもなく、
 疲れきった表情の、少女の、裸身だった。

 僕は自分の姿をまじまじと眺めた。

 そして。
 はじめて、自分の意思で、裸の少女の肉体に触れた。


「……」


 柔肌は滑らかで、温かく、指を押し返す弾力に富んでいた。
 唇から首筋、鎖骨、胸、脇腹を経由して内腿へ。
 撫で付けるようにして、濡れた体をゆっくり、中心に向かってなぞってゆく。


「……んっ」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:46:05.77 ID:uf+o3Qdh0
 
 欲望赴くまま、細い指先を滑らせ、彼女へたどり着いたとき。
 脳裏にサダコの言葉が過ぎった。


『 ──助けて! 』


 冴えない一人のダメ男は、瑞々しい少女の肢体と、
 人知を超えたチカラと、仲間を手に入れた。

 憧れ続けたものは、手の届く距離にある。
 まるで魔法のように──何の対価も支払うことなく。

 手に入れたのか。
 ──本当に?


「……」


 じゃあ、何故。

 僕の心は、言い難き喪失感に押しつぶされそうになっているというのだ?


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:56:50.02 ID:uurGRONK0
エロ支援

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 01:57:17.06 ID:uf+o3Qdh0
 
 じわり、視界が滲む。
 髪が枝垂れ、目元へと覆い被さってきた。

 僕はそこから指を離すと、雨のように降り注ぐシャワーの水を、両手で受けた。
 溜まった水はすぐに手首のほうからあふれ出す。
 一歩後ずされば、指の隙間からこぼれ落ちてゆく。

 こぼれて、きえる。
 元には戻らない。
 あとには何も残らない。


『 君には、救えないよ 』


 内藤ドクオが、かつて好きだった女の子。
 掬えなかった女の子。
 そして今も、心に巣食っている女の子。

 けれど、ひょっとしたら。
 この記憶さえ、いつの日にか──。


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:00:05.84 ID:uf+o3Qdh0
 
「……ぁ」


 不意に力が抜け、僕は浴槽の端へもたれるようにして、その場にへたり込んだ。

 そのまま、目の前にある栓を引っ張った。
 お湯が渦を巻きながら吸い込まれてゆく。

 流れてゆく。
 ぽっかり空いた、黒い穴の中へと。
 失われてゆく。
 止め処なく。


「……ぐすっ」


 鼻の奥がツンと痛くなった。



154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:00:55.11 ID:jRUI/v3z0
支援

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:02:18.53 ID:WD35yoOC0
支援

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:02:31.74 ID:uf+o3Qdh0
 
 お湯が空になるさまを見届けると、僕はそのまま浴槽のへりに突っ伏した。
 感情が堰を切ったようにあふれだす。

 けれども、こんなもの。

 なんて安っぽい涙なんだろう。
 本当の悲しみに直面したわけでもない、一時の感傷に浸りたいだけの──、
 ニセモノの、涙。

 自嘲めいた呟きは、喉元でつっかえて、消えた。


 死の間際、“ 彼女 ” は微かな笑みを湛えていた。
 逆に、人は泣きながら産まれてくる。

 あたたかな羊水に漂う、その安寧を失って、
 外界へ引きずり出された恐ろしさが、そうさせる。

 産声は、はじまりの喜びであり、おわりの苦しみ。


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:05:07.23 ID:uf+o3Qdh0
 
 シャワーはそのままにしていた。
 誰にも聞かれたくなかった。

 ざあざあと、床を打つ連続的な水音が、もやの中に響きわたる。
 殺したつもりの声は、空の浴槽を通じて、
 存外大きく、バスルームにこだました。


 僕は泣いていた。


 こんな故無き涙ではない、
 もっともっと、叫びだしたくなるような現実が、
 この先待ち受けているとも知らずに。


 ふるえていた。
 うまれたままのすがたで。


 内田ドクミは、ひとり、泣いていた。



158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:07:37.68 ID:uf+o3Qdh0
 
===
==



 驚愕すべきことに──。

 夜の学園で起きた今回の集団パニックは、
 地方新聞の三面記事の隅っこにすら、載ることはなかった。
 何台もの救急車が出動したにも関わらず、だ。


            ── 『 でも……い、いいの?  わたしなんかが…… 』


 学園側が揉み消した、という見解が一般的であり、
 生徒の間では様々な憶測が飛び交ったが、その真相は定かではない。


            ── 『 何言ってるの! ぜーんぜん構わないわよ 』



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:10:24.39 ID:uf+o3Qdh0
 

 旧校舎を舞台とした今回の変事は、公的には事件として扱われることがなかった。
 だが、騒動による傷痕は、いたるところに刻まれていた。


            ── 『 え……? 』


 騒動の元凶とされる、一人の女生徒が。


            『 私たち、友達じゃない! 』


 後日、退学という重い処分を下されたことも、その一つだと言える。



160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:10:34.33 ID:s7LjjLog0
支援

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:11:19.58 ID:p+FUnlQ9O
やりきれないな

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:12:05.72 ID:uf+o3Qdh0
 



                      “ トモダチジャナイ ”









 

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:13:11.32 ID:uf+o3Qdh0
 






                           トモダチ。






 

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:14:10.12 ID:uf+o3Qdh0
 











 (続く)
 
 

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:15:58.05 ID:p+FUnlQ9O

次はいつごろ?

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:18:29.61 ID:Xnz8QiTzO
一番好きな現行だよ乙!

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:19:07.42 ID:s7LjjLog0


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:19:28.08 ID:jRUI/v3z0


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:21:23.89 ID:uf+o3Qdh0
 
支援ありがとう。
本エピソードの完結に半年もかかってしまった。

>>165
来年であることは確実かなと……。


おまけは書き進めてはいるが、
色々とアレなので、お蔵入りにするか、避難所でこっそり投下するかも知れない。

 
■補足 


Q.ピアノの激突音からいくらもしないうちに廊下を駆け出したブーン。
  それなのに、中央棟への到着がひどく遅かったのはなぜ?

A.途中で他の感染者と遭遇し、一戦交えてたから、てなことにでもしておいてください。


Q.前スレ>41 『 黒井? 』

A.わかりにくくて申し訳ないが、ネタ元を解説するのはやはりちょっと恥ずかしいので。
  映画版(一作目)における謎のエロスとスプラッタぶりは妖しさ爆発でなかなか。


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:23:20.79 ID:uf+o3Qdh0
 
 コメディエンドにするかしんみりエンドにするかでかなり悩んだ。
 
 遅くまでありがとう。
 みんな、よいお年を。


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:25:39.41 ID:r+r21PblP

来年も待ってる

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 02:52:43.83 ID:0TXNTJxHO
まってる

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 03:07:22.68 ID:XL12xmHr0
乙!

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 04:07:16.26 ID:M7HBYQ1XO


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:10:06.83 ID:GviJc2fn0
おお、きてる
と思ったらオワってただと・・・・!?
乙!

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:25:40.21 ID:N6hReAx8O
途中で寝ちまった乙!

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)